B型肝炎の検査

B型肝炎の感染者をこれ以上増やさないためには、しっかりと検査をする必要があります。特に妊娠初期に行うHBs抗原検査はとても重要ですのでしっかりと検査しておく事が重要になります。このHBs抗原検査とは、B型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを調べる検査のことです。

検査B型肝炎は、肝臓に発症する病気で急性肝炎や肝硬変、肝臓がんの発症要因にもなる恐ろしい病気です。陽性になったとはいえすべての方に症状が発生するとは限りませんので、自分でも気づかない、自覚症状の無い方も大勢いらっしゃいますので、しっかりと検査をしておく事が重要になります。

B型肝炎に感染しているかどうかは血液検査によって明らかになります。もし、仮に陽性となった場合でも心配しなくて大丈夫です。日本では、しっかりとお腹の赤ちゃんへの感染予防対策が施されます。

妊婦健診で行う時期は、妊娠8週目前後の妊娠初期に行います。母子手帳にも実施日が記されていますので忘れずに予約を取るようにしてください。B型肝炎は、性交渉や輸血などでも感染してしまう可能性がある恐ろしい病気です。相手の人も自覚症状が無い分、自分が感染しているとはわかりませんので、無自覚に感染させているケースも少なくありませんので、しっかりと検査を行って下さい。

B型肝炎の感染経路

B型肝炎の主な感染経路は大きく分けて二種類があります。一つ目は垂直感染と呼ばれる物で、現在の多くのB型肝炎の方が感染した経路になります。この垂直感染は母子感染の事で、母親がB型肝炎に感染していると、出産をする時に産道の血液を介して赤ちゃんにB型肝炎が感染してしまう可能性が高くなっています。

赤ちゃん赤ちゃんの場合には免疫機能が未熟ですのでB型肝炎に感染しても肝炎の症状が無い健康な状態ですが、思春期から30歳位になると免疫機能が発達し肝炎を発症します。このうち10パーセントの方人が慢性肝炎になってしまい、その中でもB型肝炎感染者の約1パーセントから2パーセントの人が 肝硬変や肝がんを発症します。

二つ目は医師や看護師などの針刺し事故であったり、予防接種での注射器の使いまわし、B型肝炎に汚染された血液の輸血になどによって感染する水平感染です。これ以外にも性交渉であったり、入れ墨やピアスの器具をしっかりと消毒しなかった場合も水平感染のリスクは高くなってしまいます。よく知らない人と性交渉をする場合には、エイズなどの性行為感染症の予防効果があるコンドームをしっかりと着用する様に心がけてください。成人になってからB型肝炎に感染した場合には、ほとんどの方が自然治癒するのですが、近年増加しているジェノタイプAに感染した場合には要注意です。

二次感染の怖さとは

B型肝炎の感染は一次感染と二次感染の二つに分けられます。一次感染は、昭和16年7月2日から昭和63年1月27日までに生まれのB型肝炎ウイルス持続感染している人の中で満7歳になるまでに集団予防接種かツベルクリン反応検査を受けた事が原因でB型肝炎に感染した方のことです。二次感染は、母子感染の事で、先ほど一次感染に分類される方から生まれた子供が母親の胎内でB型肝炎を感染してしまった場合です。

ワクチンの接種このB型肝炎の母子感染は証明する事がとても難しく、最初に1965年にB型肝炎ウイルスが発見されるのですが、母子感染が医学的に証明されたのは1971年から1972年とかなり遅れて認められています。何も感染予防処理を行わなかった場合には、母子感染の確率は生まれてくる赤ちゃんがHBVに感染する確率は100パーセント、そしてキャリアになる確率は凡そ85パーセントと非常に高い数値になっております。

1985年から厚生省(当時)の「B型肝炎母子感染防止事業」がスタートしたのですが、その前には多くの母子感染が起こってしまっていた事になります。現在ではB型肝炎ワクチンの接種や抗HBV免疫グロブリンの接種が行われておりますのでそこまで確率は高くないですが、多くの感染者を生み出してしまった事は確かです。

この場合、B型肝炎の訴訟ができ、弁護士を間にたて、国へと訴訟をすると給付金をもらうことができます。もちろん弁護士をたてなくてもかまいませんが、一人では限界があると思いますので、できるだけ依頼するようにしてください。

B型肝炎と母子感染

最近テレビのニュースにも多く取り上げられているB型肝炎ですが、実際にB型肝炎とは一体どのような物なのかご存知でしょうか。B型肝炎を簡単に説明すると肝臓の病気に分類されます。主に肝炎の症状を引き起こすのですが、現時点で日本で肝炎の症状を発生させる原因となっているのが肝炎ウイルスの感染によるものです。このように肝炎ウイルスに感染して発症する肝炎をウイルス肝炎と呼んでいます。日本にも増えて来ているウイルス肝炎中でもB型肝炎ウイルスの感染によるものをB型肝炎と呼ぶのです。

B型肝炎B型肝炎になると様々な症状が現れます。急性B型肝炎を発症した場合であったりB型肝炎ウイルスの持続感染者が肝炎を発症した場合には、全身の倦怠感や食欲不振だけでなく、酷い悪心や嘔吐などの症状が現われます。その後、黄疸が出る場合もあります。最も注意しなければ行けないのが、B型肝炎の感染者の場合には、このような症状が出なかった場合でも慢性肝炎が潜んでいますので、いつどんなタイミングで発症するかわからなくなっております。定期的に治療が必要になる人がいます。そのためB型肝炎の感染者の場合には、定期的に検査を受け、必要に応じて適切な治療を受けるなど健康管理を行うことが大切です。このようにB型肝炎の感染者はどのような症状なのかは簡単に説明しましたが、どのようにB型肝炎に感染するかを知らない方も多いと思います。そこでこのページでは、B型肝炎と母子感染の関係などの基礎知識をご紹介させて頂きます。