B型肝炎と母子感染

最近テレビのニュースにも多く取り上げられているB型肝炎ですが、実際にB型肝炎とは一体どのような物なのかご存知でしょうか。B型肝炎を簡単に説明すると肝臓の病気に分類されます。主に肝炎の症状を引き起こすのですが、現時点で日本で肝炎の症状を発生させる原因となっているのが肝炎ウイルスの感染によるものです。このように肝炎ウイルスに感染して発症する肝炎をウイルス肝炎と呼んでいます。日本にも増えて来ているウイルス肝炎中でもB型肝炎ウイルスの感染によるものをB型肝炎と呼ぶのです。

B型肝炎B型肝炎になると様々な症状が現れます。急性B型肝炎を発症した場合であったりB型肝炎ウイルスの持続感染者が肝炎を発症した場合には、全身の倦怠感や食欲不振だけでなく、酷い悪心や嘔吐などの症状が現われます。その後、黄疸が出る場合もあります。最も注意しなければ行けないのが、B型肝炎の感染者の場合には、このような症状が出なかった場合でも慢性肝炎が潜んでいますので、いつどんなタイミングで発症するかわからなくなっております。定期的に治療が必要になる人がいます。そのためB型肝炎の感染者の場合には、定期的に検査を受け、必要に応じて適切な治療を受けるなど健康管理を行うことが大切です。このようにB型肝炎の感染者はどのような症状なのかは簡単に説明しましたが、どのようにB型肝炎に感染するかを知らない方も多いと思います。そこでこのページでは、B型肝炎と母子感染の関係などの基礎知識をご紹介させて頂きます。