B型肝炎の検査

B型肝炎の感染者をこれ以上増やさないためには、しっかりと検査をする必要があります。特に妊娠初期に行うHBs抗原検査はとても重要ですのでしっかりと検査しておく事が重要になります。このHBs抗原検査とは、B型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを調べる検査のことです。

検査B型肝炎は、肝臓に発症する病気で急性肝炎や肝硬変、肝臓がんの発症要因にもなる恐ろしい病気です。陽性になったとはいえすべての方に症状が発生するとは限りませんので、自分でも気づかない、自覚症状の無い方も大勢いらっしゃいますので、しっかりと検査をしておく事が重要になります。

B型肝炎に感染しているかどうかは血液検査によって明らかになります。もし、仮に陽性となった場合でも心配しなくて大丈夫です。日本では、しっかりとお腹の赤ちゃんへの感染予防対策が施されます。

妊婦健診で行う時期は、妊娠8週目前後の妊娠初期に行います。母子手帳にも実施日が記されていますので忘れずに予約を取るようにしてください。B型肝炎は、性交渉や輸血などでも感染してしまう可能性がある恐ろしい病気です。相手の人も自覚症状が無い分、自分が感染しているとはわかりませんので、無自覚に感染させているケースも少なくありませんので、しっかりと検査を行って下さい。