二次感染の怖さとは

B型肝炎の感染は一次感染と二次感染の二つに分けられます。一次感染は、昭和16年7月2日から昭和63年1月27日までに生まれのB型肝炎ウイルス持続感染している人の中で満7歳になるまでに集団予防接種かツベルクリン反応検査を受けた事が原因でB型肝炎に感染した方のことです。二次感染は、母子感染の事で、先ほど一次感染に分類される方から生まれた子供が母親の胎内でB型肝炎を感染してしまった場合です。

ワクチンの接種このB型肝炎の母子感染は証明する事がとても難しく、最初に1965年にB型肝炎ウイルスが発見されるのですが、母子感染が医学的に証明されたのは1971年から1972年とかなり遅れて認められています。何も感染予防処理を行わなかった場合には、母子感染の確率は生まれてくる赤ちゃんがHBVに感染する確率は100パーセント、そしてキャリアになる確率は凡そ85パーセントと非常に高い数値になっております。

1985年から厚生省(当時)の「B型肝炎母子感染防止事業」がスタートしたのですが、その前には多くの母子感染が起こってしまっていた事になります。現在ではB型肝炎ワクチンの接種や抗HBV免疫グロブリンの接種が行われておりますのでそこまで確率は高くないですが、多くの感染者を生み出してしまった事は確かです。

この場合、B型肝炎の訴訟ができ、弁護士を間にたて、国へと訴訟をすると給付金をもらうことができます。もちろん弁護士をたてなくてもかまいませんが、一人では限界があると思いますので、できるだけ依頼するようにしてください。